週末はだいたい外で寝てます。

山登り、トレラン、ランニング、キャンプ+育児な活動の日々の記録

Naked Running Band のこと

Naked Running Band遠出するけど、身軽に出かけたい。

パンツのポケットに全部入れるには窮屈すぎるけど、背中に背負うほどでもない。

となるとランニングベルトかなと思ってしまう。

 

じゃ、どんなランニングベルトよ?

ということで、こいつを使い始めた。

Naked Running Band (ネイキッドランニングバンド) Size 5

 

愛用しているノースフェイス のフライウェイトレーシングパンツ。こちらもポケットがたくさんついていて、最大フラスク250mlと150ml前後一本づつ、合計400ml入れられる。(ただし窮屈。250mlか150ml、1本が理想)

Naked Running Bandは、 最大フラスク500ml前後一本づつ、合計1Lまでは入れられる。(バランスを考えると500mlと150ml前後一本づつ、合計650mlくらいが理想)

さらに補給食、ヘッドライト、鍵、などなど、そして軽い上着も十分に収納が可能。

携行する水分を増やせるので行動範囲も広がるし、かつ上着をもつことで途中のんびりとおやつタイム、お茶タイムなども設けることができる。

そしてなにより、よしいってきます!とサクッとベルトをつけて気軽に、身軽(65g)に出発できるというのが素晴らしいっす。

 

 

以下はトレイルやランニングでの使用感

  • 安定性は間違いなし。
  • 収納性は2Lと間違いなし。(500mlフラスク2本と軽量シェルは余裕。公式では500mlが3本まで入るらしい)
  • ストックフォルダーは未利用
  • 収納物が多い場合は収納場所を考慮しないとバランスが悪くなる。
  • ベルト自体には伸縮性がないので、サイズ選びはしっかりと。少しキツめでいい。
    (自分はサイズ5)
  • ゼッケン止めは即紛失。 
  • 副産物的に腰骨あたりが安定して走りやすい。
    (世の中にはランニングスタビライザー的なものがあるくらいなので。)

 

f:id:ippei66:20210218055617j:plain

f:id:ippei66:20210218055628j:plain

f:id:ippei66:20210218055639j:plain

見やすくして写真とってますが、走る時はもう少し下の方に下げて、上に衣類を被せてます。目立ちすぎるのも違和感あるので。