週末はだいたい外で寝てます。

山登り、トレラン、ランニング、キャンプ+育児な活動の日々の記録

2週間経って

昨日から軽いランニングを開始して、今朝もゆるめに10kmのランニング。

昨晩は息子が夜中に2時間ほど覚醒し遊びまわったらしく、妻からLineで”夜中の対応で寝不足なので、もし早朝息子が起きたら遊んであげてください"とメッセージが入っていた。

息子と妻の普段の起床時間が7時頃なので、6時からのランニングは、妻からの期待に答えられないかもしれないというリスクをとることになるが、2時間遊んだということは今日の起床時間は早くても8時すぎだろうとランニングに出かけた。

10kmをゆっくりと1時間弱走り、帰宅。まだ起きていないことを信じて、静かに玄関を開ける。OK、まだ誰も起きていない。日課の朝食の準備に取り掛かる。

TJARの参加要件は様々なものがある。自分が何かを行うことで要件を満たしていくことができる。その中で、自分だけではなく、他の誰かを動かしてクリアしなければいけない項目がある。

配偶者または一親等の成人親族による大会参加に対する承諾書を提出すること。(配偶者または一親等の成人親族がいない場合は要相談)

一番簡単そうに見えるが、実は円満にクリアするのは結構難しい項目だと思う。

家族の理解を得て、むしろ積極的に参加してもらう=応援してもらえるくらいの関係ができあがっていることが望ましいし、その方が一緒に楽しめる。

家族の理解を得るためにはどうすればいいだろう、関係を作っていくためにはどうすればいいだろう。その上で十分なトレーニングするためにはどうすればいいだろう。

2年後に再び参加するのかどうかはまだ決めていない。でも2年後のこの要件を円満にクリアするためには、もうすでに始まっている気がしている。