週末はだいたい外で寝てます。

山登り、トレラン、ランニング、キャンプ+育児な活動の日々の記録

トレラン トレーニング PDCAサイクルと基準値ATについて

トレラン トレーニング PDCAサイクルと基準値ATについて

トレーニングにおいて、何を成果=向上させていくべきかについては以下の記事に記載しました。


トレラントレーニング 成果とすべきこと


では日常のトレーニングは何をやればいいのか?強度は?頻度は?といった疑問が上がってきます。


調べてみると以下のようなATという基準となる数字があり、こちらをベースにトレーニングメニューを作成することで、強度、頻度など科学的根拠に基づいた効率の良いトレーニングメニューが組めそうです。


AT (Anaerobics Threshold: 無酸素性作業閾値)とは


運動の強さを増していくとき、筋肉のエネルギー消費に必要な酸素供給が追いつかなくなり、血液中の乳酸が急激に増加し始める強度の値とあります。
呼吸によるAT予測をVT(Ventilation Threshold)、血中乳酸濃度による予測をLT(Lactate Threshold)、心拍数による予測をHRT(Heart Rate Threshold)といいます。(それぞれは違う指標だが、ほぼ一致する。)



こちらをベースに以下のようなPDCAサイクルを回していければ効率よいトレーニングが行えそうです。

1.ATを知る(計算式or簡易計測or実測)
2.自分のATを基準にトレーニングプランを作成
3.トレーニング
4.AT再測
5.新トレーニングプラン作成


次はATを知る方法をご紹介したいなと。